メインイメージ画像

人材派遣から正社員を目指すには?

人材派遣といっても後々正社員としての雇用が見込まれる紹介予定派遣の事を確認しましょう。厚生労働省から有料職業紹介事業の許可を得ている派遣会社に登録します。そこの派遣企業から仕事の紹介を受ける事が出来れば派遣先の仕事場に履歴書などを出して面談を受ける事ができるのです。もし採用されましたらまず派遣スタッフとして勤め、、派遣期間が完了すると直接企業先の採用について意思確認などが行われてから仕事をする流れになります。正社員では有り得ないですが、契約更新というイベントは、派遣の特質でもありますよね。

  • 派遣の情報が多数掲載されてるサイトはこちらから
  • 長所でもあれば欠点でもあります。続行したいけど更新できなかったり、継続したいと願っていたら、更新してくれたりと状況は色々あります。更新したいと思っても、雇用側のジャッジによると思われます。ただしかし、万が一超勤が契約時と違ったり、家庭の都合があったり、職場環境に合わなかったりといくつかの状況で更新をしたくない場合は、更新1ヶ月くらい前には「次の更新はしません」と伝えるだけで問題ないです。なるべくなら、辞める事なく継続できる派遣先会社があるととってもありがたいかもしれませんね。

    派遣で自分自身が希望している職業があれば応募をしましょうね!そうしてその応募先に契約ができましたら派遣元より確認事項が通知が来るでしょうから確認する事が必要です。契約時に通知される事は多くは契約期間や、勤務先業務時間など通知義務のある事を報告されると思います。なので確認事項をちゃんと見ておく事やその時の言う事をちゃんと聞くのが大切なのです。もし分からない事がある時にはきちんとその場で確認する事も大切だと思うのです。